福岡市南区の歯科・歯医者なら、秋岡デンタルクリニック

電話予約

コラム

コラム COLUMN

治療より予防で歯を失わない宣言!「KEEP28」とは?

こんにちは。
 
福岡市南区の「秋岡デンタルクリニック」です。
 
 
28本ある永久歯、生涯1本も失わないで健康に生きることは可能だと思いますか?
 
実は近頃、80歳を過ぎても20本以上の歯が残っている人が増えているのです。
 
そして、予防歯科を重視する歯科医が提唱する「KEEP28」の取り組みでは、さらに多くの人が生涯すべての永久歯を残せる可能性が見えてきました。
 
今回は、そんなKEEP28の取り組みについて取り上げてみたいと思います。
 
 

今や80歳の2人に1人が20本以上の残存歯を達成!

80歳で20本、自分の歯を残すことを目標とする「8020運動」は、今から32年前の平成元年、日本歯科医師会と当時の厚生労働省によってスタートしました。
 
8020運動が始まった当時の平均寿命は80歳。そして、80歳の平均歯数は、たった4本でした。80歳以上で20本以上の歯が残っている人の割合は、わずか7%にすぎなかったのです。
 
それから、こまめな歯磨きや定期的な歯科検診が推奨され、多くの人が実践するようになりました。
 
そうしてついに、スタートから27年後の2016年、75歳〜84歳で20本以上の歯が残っている人の割合が、なんと50%を越えたのです(厚生労働省「平成28年歯科疾患実態調査」より)。
 
こうした結果から、適切な予防、歯磨き、定期検診を行なえば、高齢になっても歯を失わないで済むことがわかります。
 
これからの予防歯科が目指すのは、生涯歯を1本も失わない「KEEP28」。それは決して夢物語ではなく、誰もが達成し得る目標なのです。
 
 

人生最後のひとときまで健康で幸せに生きるために

これまでの歯科治療では、むし歯や歯周病を「早期発見・早期治療」することを中心にしていましたが、KEEP28では、「むし歯や歯周病が発症する前に予防する」ことがポイントになります。
 
一度むし歯になってしまったら、どんなに高度な治療をしても歯は弱くなり、10年も経たずに再度治療が必要になる場合がほとんどだからです。
 
予防歯科では、専用の器具を使用して、毎日の歯磨きで落とせない歯石や磨き残した歯垢をクリーニングして、お口の中でトラブルの元となる細菌を取り除きます。
 
家庭では、むし歯になりやすいところを知り、磨き残しやすいところの磨き方の指導を受けた上で、毎日のセルフケアの効果を高めます。
 
歯科と家庭、両方の予防ケアを重視し、今の歯を失わずにキープしつづけることを目指します。そして、人生最期のひとときまで、生涯楽しく、健康で、快適に生きるのです。
 
 
「これからKEEP28実現のために、予防歯科へ通いたい」という場合は、秋岡デンタルクリニックへお越しください。一緒に、かけがえのない歯を守っていきましょう。