福岡市南区の歯科・歯医者なら、秋岡デンタルクリニック

電話予約

コラム

コラム COLUMN

将来の歯並びが見える!3Dシミュレーションで理想の口元へ

こんにちは。
 
福岡市南区の「秋岡デンタルクリニック」です。
 
 
きれいな歯並びは、だれもが憧れるもの。
 
矯正治療をやってみたいと気になってはいるけれど、治療の前と後でどのくらい変わるのか、不安に思っている方がいらっしゃるかもしれませんね。
 
では、矯正治療が始まる前に、治療後の歯並びをイメージできたらどうでしょう。
 
今回は、治療後の歯並びのイメージを目で見ることができる3Dシミュレーションと、その効果を実感いただける矯正治療についてお話します。
 
 

iTeroで矯正後の歯並びの変化を3Dシミュレーション

矯正治療で歯並びがどう変わっていくのか、コンピューター上で確認できる3Dシミュレーション。
 
なかでも「iTero」(アイテロ)は、お口の中をスキャンして歯型を取ったり、コンピューターの画面上で3Dシミュレーションを画像や動画として確認できたりします。
 
なんと、わずか1分ほどで歯の複雑な形態を精密にスキャンし、そのままデータ化できる優れモノ。
 
また、スキャンしたデータはコンピューター上で管理ができるので、治療開始から完了までの治療の確認や理想の口元をイメージしやすくしてくれます。
 
しかも、歯型を取るための柔らかいゴムのようなものを口に入れる必要もないため、不快な思いからも解放されるのは、うれしいですね。
 
 

目立ちにくい矯正も3Dシミュレーションできる

透明で目立ちにくいマウスピース型の矯正治療装置「インビザライン」は、治療中の見た目が気になる方に向いています。
 
まず、治療を始める前にカウンセリングを行い、患者さまの歯並びのお悩みや治療に関する疑問をヒアリングし、説明させていただきます。
 
次に、精密検査で歯のレントゲン撮影やお口と顔の撮影が終わったら、矯正装置(マウスピース)を作るための歯型取り
 
「インビザライン」では、歯型の精度がマウスピースのフィットに影響するため、歯型取りはとても重要です。
 
この歯型取りに「iTero」を使い、高精度で正確なデータを元に、歯科医がマウスピースを作製の指示を行います。
 
矯正治療がスタートしたあとも、「iTero」でデータ化された画像を使って、歯がどのくらい移動したのか、あとどのくらいかかるのかシミュレーションできるので、安心して治療できますね。
 
「インビザライン」は、「iTero」による高精度なデータと医師の確かな技術によって、患者さまの理想の口元を目指せる矯正治療です。
 
まずは、お気軽にご相談ください。