福岡市南区の歯科・歯医者なら、秋岡デンタルクリニック

電話予約

コラム

コラム COLUMN

むし歯予防 の 効果アップ! 「 寝る前 の 歯磨き 」が ポイント

こんにちは。
 
福岡市南区の「秋岡デンタルクリニック」です。
 
 
「むし歯になりたくない!」 「子どもをむし歯から守りたい!」
 
そう願う患者さまに大切にしていただきたいのが、毎日のセルフケア「歯磨き」です。
 
「えっ?歯磨きなら、もちろん毎日しているけど?」という人がほとんどだと思います。それなのにむし歯になってしまうとしたら効果的な歯磨きができていないのかもしれません。
 
そこで今回は、むし歯予防の効果を格段にアップする、「歯磨きのコツ」について解説します。
 
 

ポイントは「寝る前の歯磨き」!

1日の中で最も重要なのが、「寝る前の歯磨き」です。
 
では、なぜ、「寝る前」が重要だと思いますか?
 
それは、唾液の分泌量が減るからです。
 
唾液は、なんとなく臭そう・汚なそうとかいうイメージを持っている人もいるかもしれませんが、実は、口の中を衛生的に保つ殺菌作用を持っていて、「天然のデンタルリンス」ともいわれるほど優れたパワーを秘めているのです。
 
朝起きた時、のどが乾いていると気付くことがあるでしょう。就寝中に唾液が減って、お口の中が乾燥するからです。
 
つまり、寝ている間は唾液の自浄作用が低下してしまうので、お口の中は無法地帯。細菌がうようよと繁殖し放題になってしまうのです。怖ろしいですね!
 
 

磨き残しを減らすために「デンタルフロス」を!

歯ブラシ1本だけで落とせる汚れは、上手に磨ける人でもお口の中の約60%といわれています。
 
しっかりと歯の汚れを落としたつもりでも、約40%は磨き残してしまうのです。
 
お口の中には、歯と歯のすき間など、歯ブラシの毛先が届きにくいところが意外にもたくさんあります。
 
そんな、歯間の磨き残しを助けてくれるのが、デンタルフロスや歯間ブラシなどのアイテムです。
 
デンタルフロスや歯間ブラシを併用して歯磨きすることで、磨き残しを格段に減らすことができるのです。
 
 
予防歯科の先進国である北欧の国、スウェーデンの実態をご存知でしょうか。
 
80歳を過ぎた方のお口に残っている残存歯数は、スウェーデンでは平均21本以上。対する日本は、平均16本(厚生労働省の2018年度歯科疾患実態調査より)。
 
自分の歯で噛んで、おいしく食べるのに必要な歯は20本といわれていますから、日本はもう少し頑張りたいところです。
 
スウェーデンでは、デンタルフロスを併用した歯磨きを国民の2人に1人が実践しているといいます。
 
この結果を見ても、デンタルフロスを取り入れた歯磨き歯の寿命を延ばすために役立つことが分かります。
 
 

一人ひとりのお口に合った歯磨きを実践して、むし歯を予防!

私たちは、歯を長持ちさせるためには「むし歯になってから治療を行うのではなく、むし歯にしないことが大切」と考えます。
 
秋岡デンタルクリニックでは、患者さまの歯をむし歯から守るために、定期検診でプロによる予防クリーニングを行っています。
 
ご自身の歯磨きを歯科衛生士と一緒に見直し、お家でのセルフケアを充実を図れます。
 
患者さまのお口の形に合った、歯ブラシやデンタルフロスのご提案もいたしますので、毎日の歯磨きのためお役立てください。
 
気になることやお困りのことがありましたら、どうぞお気軽にご相談ください。お口の健康を私たちと一緒に守っていきましょう。